大阪のストレス社会を打破する腸セラピーが20代から支持を得ている

SITEMAP

腸すっきりで穏やかな毎日を。

UPDATE CONTENTS

LATEST RECENT

大阪で腸セラピーをやってみた

はな

実は約20年前から大阪で腸セラピーのようなものをほとんど毎日自分でしていました。誰かに教えてもらったわけではなく、そのころ便秘がちだったのですが薬はあまり使いたくないので、大阪の実家で寝る前と朝起きたときにベットの中で自分でお腹のマッサージを5分くらい行っていました。自己流でやっていましたが、お腹のなかの排泄物が押されるような感じがして、効果は結構ありました。
その後大人になってからは食生活が自然と改善され運動も好きになり、いつの間にか便秘にはならなくなっていました。
しかし、35歳を過ぎたころから、体質が変わったのか再び便秘に悩まされるようになりました。偶然大阪の実家でインターネットで腸セラピーのことを知り、昔、お腹のマッサージをしたことを思い出し、腸セラピーを始めることにしました。
今回はインターネットで正しいやり方を調べてみました。慣れない手つきで初めてみると、お腹に固いところがあったので、おそらく停滞している便だと思い、入念にマッサージをおこないました。すると、ゴゴっと音がして腸が活動しているような動きを感じました。正しい方法でマッサージを行っているからか、翌朝のすっきり感は高校生のころより強く感じます。ポッコリおなかもだいぶ改善されてきました。ここ一か月くらい続けていますが、ほぼ毎朝快腸ですしだんだん肌の調子も良くなってきました!

大阪の寒い季節に腸セラピー

地球温暖化が進む中、大阪の冬はとても寒くなります。なので、腸セラピーは、大阪の冷えやすい季節にかけては特に、有効なセラピーと言えます。腸の蠕動運動が順調にいくには、体温が十分に温かいことが重要な要素です。お腹がきゅーんと冷えている女性や男性にとって、腸セラピーを行うことで、身体全体も温まり、腸の活動が順調に作用し、血流を促し、そして老廃物排出でデトックスが進みます。秋冬が気温が下がることで、末端の血流が悪くなるので、腸セラピーを行い、身体全体の健康体にしていくには絶好の季節と言えます。大阪のエステサロンでプロによる施術が一番効果的ですが、腸セラピーは自分でも簡単な方法で行うことができます。腸セラピーで大事なことは、まずは温めることです。腸の動きを優しく、しかも効果的に促す簡単な方法をお教えしましょう。
それはうつぶせで、お腹の部分にクッションをあてて寝転がる姿勢をとることです。雑誌を読みながら、気楽にやれるこのポーズは、ヨガマット程度の弾力のあるところでやると良いです。ベッドですと、柔らかすぎでクッションと一緒にお腹部分が沈んでしまいますので、少し平らなところで実践してみてください。時間は10分程度です。クッションにそって、ごろごろと少し動いたりすると、腸が優しく刺激されて気持ちがよいですし、温まってくるのを感じることができます。そして翌日は、便通にも効果が実感できると思います。クッションに、自分の身体がうつぶせで重さがかかることで、腸全体がやさしくマッサージされるのです。

大阪の腸セラピーサロンで精神面を安定させましょう

大阪では、ストレス社会が問題となっております。ストレスの原因は人によってさまざまですが、ストレスを溜め込むと体に不調をきたします。ストレス予防に大切なことは、リラックスをすることです。人間はリラックス状態でいると、脳からセロトニンと呼ばれる心を安定的にする物質が分泌されるのです。 セロトニンは脳から分泌されることは、多くの皆さんが知っていると思います。近年の研究によると、セロトニンは脳以外にも腸から分泌されることが分かってきました。驚くべきことは、脳から分泌される量は全体の3%程度で、95%は腸から分泌されることなのです。
大阪のストレス社会に負けない方法は、腸を元気にすることなのです。
腸を元気にし、リラックスする時間を多くつくることが大切です。
大阪では腸セラピーは、若い世代から圧倒的な支持を得ています。腸をマッサージするだけで、腸の働きは向上します。腸セラピーの利点はたくさんありますが、一番の利点は手軽で簡単にできることでしょう。お金をかけずにできます。手でマッサージしたり、指先でやさしく揉んだりするだけです。精神を安定させるには、セロトニンの分泌を促進させることが重要です。脳よりも腸から分泌されやすいセロトニンは、腸セラピーで腸を元気にするとその量が飛躍的にあがります。


★綺麗になりたい女性におすすめの美容外科クリニックはワキ脱毛の大阪はサクラアズクリニックで行いましょう!こちらでは、最新の美容外科器具を用いて、ワキの脱毛を行います!ですので、大阪でお考えの方にはうってつけのクリニックです!この機会に美しことに力を入れていきましょう!

TOP